横浜市 港北区 鶴見区 在宅 訪問マッサージ・リハビリ・びわ温灸はたんぽぽマッサージ治療室

045-546-2284

たんぽぽ日和

2018年2月

あんみつ家族

 

寒さは続きますが、少しずつ春めいてきました。夕方も明るくなりましたね。

 

今日のお昼は、よく行くお蕎麦屋さんで、(私の中で「山の蕎麦屋」と呼ぶところ)でお蕎麦を食べました。

 

お座敷に通されて、お蕎麦を待っていると、お隣の座卓に座って、お蕎麦を食べ終わった家族・・おじいちゃんとおばあちゃん、娘と孫息子の4人の会話が、何気なく聞こえてきて、何となくおかしかったので、紹介します。

 

娘「甘いもの食べたいな」

祖母「いいね。何食べようか」

お品書きを見て、

娘「あんみつ食べたくなった」

祖母「私も食べたいな?○○ちゃんも食べる?」

孫「うん、食べる」

そこで、店員さんを呼んで、注文。

祖母「あんみつ3つお願いします」

 

すると、

祖父「3つ?1人誰が食べないんだ?」

祖母「あら?あなた、食べるの?」

祖父「俺だって、あんみつ食べたいよ」

祖母「まあ、じゃあ、あんみつ4つ」

 

店員さんが行ってから、

祖母「あんみつなんて、食べないと思ったわ」

娘「お父さん、甘いもの駄目かと思ってた」

祖母「食べたことなんてないわよね」

祖父「俺だって、あんみつくらい、食べたことあるさ」

祖母「知らなかったわ。初めてじゃない?あんみつ一緒にたべるのなんて」

祖父「そんなことないだろう?」

 

そのあと、4人はあんみつを「美味しい美味しい」と食べていました。

 

これだけの会話なのですが、日頃甘いものを食べないおじいちゃんが、なんとなく仲間外れにされた事が悔しくて、ついあんみつを食べることになったのかなあ、それとも久しぶりに食べてみようか、と思ったのかなあ、などと思いながら4人の仲良し家族を横目で眺めていました。なんか、ほっこりしました。(^。^)

 

私も、あんみつ食べたくなりました。

 

 

 

 

 

 

雪は止んだようです。

大好きな北海道のイラストレーターのMasami Manoさんの絵です。

私は、小学校の2年から5年まで、父の転勤で青森県で暮らしたことがあるので、この光景は、寒さや冷たさや楽しさまで思い出させてくれる雪国の実体験です。

こんなカラフルなランドセルなんて背負ってませんでしたが。(笑)

まだ、馬橇が雪道を走っていて、ワダチに馬の落し物が落ちていたなあ。

竹スキー、下駄スケート・・懐かしい。

 

さて、今朝は昨夜の雪で、地面がシャーベット状か、と思いましたが、濡れているだけで大したことはありませんでした。

やれやれ、仕事か・・なんて、正直思う自分がいて、新聞を取り込んだとき、

(ああ、新聞配達の人は早朝から働いているんだ、この新聞にビニールをかけたり、広告を挟み込む仕事の人だって頑張ってるんだ)

と思い、自分の少し下がったテンションを上げました。σ(^_^;)

今日は5件、途中美味しい蕎麦屋でお蕎麦を食べよう、と仕事の準備をしているたんぽぽさんです。(^o^)