横浜市 港北区 鶴見区 在宅 訪問マッサージ・リハビリ・びわ温灸はたんぽぽマッサージ治療室

045-546-2284

たんぽぽ日和

夏の不思議な出来事2

 

また10年ほど前の、夏の日盛りの不思議な出来事のお話です。

 

自転車で町を走っていた時、ふとこんな光景を見ました。

たくさんの子どもたちが、駄菓子屋さんに集合して賑やかに騒いでいます。

アイスを食べたり、お菓子を買っていたり。店の女の人とおしゃべりしたり。

(楽しそうだなあ)

 

その時は、ゆっくり走りながら、夏休みの一こま、と思い眺めていました。

炎天下で、とにかく暑い日でした。自転車を漕ぐ足がやたらと重かったこと、頭がぼうっとしていたのは確かです。

(あれ?あの店、ずっと閉まってたんじゃなかったっけ?)

通り過ぎてから、ふと思い出しました。

(また開店したんだ)

 

その次に、その前を通ると、店は閉まっていて、ひっそりとしています。

隣の和菓子屋さんで、水菓子を買いながら、お店の人に聞いてみました。

「隣に駄菓子屋さんがありますよね。この間、お店やってたみたいだけど」

 

和菓子屋の奥さんは、きょとんとした顔で、

「大分前に店を閉めたんですよ。」

「だって、この間子どもたちがいっぱいいましたよ」

「え?お店の人、引っ越して遠いところに行ったから、そんなことはないと思うわよ」

「このは、っていうお店ですよね。」

「古いお店で、前は大分繁盛してて、子どもたちがいっぱい来てたけどね」

「・・・」

 

よくお店を見ると、いわゆる‘しもた屋’で、シャッターが下りて、古びた感じたでした。

でも、たしかに私は見たのです。いや、もしかしたら、幻影を見たのか。

むかしの、お店の幸せだった頃の一こまを見せられたのか。

 

今も、その通りを通ります。

今は、パン屋さんになっています。その前は古着屋さんでした。夏の日の不思議なお話、2弾です。(o^^o)