横浜市 港北区 鶴見区 在宅 訪問マッサージ・リハビリ・びわ温灸はたんぽぽマッサージ治療室

045-546-2284

たんぽぽ日和

遠隔ヒーリングについて

気功、ヒーリングを学んだのは、夫の闘病が始まってから。

なかなか夫がこの世界を学ぶことに理解を示してくれなかったので、なんとか了承を得るのに1年以上かかりましたね。(^_^;)

道場で勉強して夫を治し始めると、彼も興味を持ち自分も学びたいと言い出して、同じ道場に通いました。

結局のところ、夫を救うことはできなかったけど、共に氣功を学んだ日々は、夫亡き後、2人の子どもを抱えた私の生活を支え励まし、治療師という天職を与えてくれたことに繋がったと思っています。

 

道場で学んだ氣功は、4年前、ニューヨークの小林健先生に出会ったことで、大きくその幅を広げました。

この量子波ヒーリングは、その力を確信できるばかりでなく、理論的にも、方法論としても私のものになったと思います。(^^)

 

ヒーリングは、人を治す力を持っていますが、その力は空間を超えて、どんな遠いところにも飛ばすことができます。

これまで私は、サービスとかオプションとして、施術している患者さんに送っていました。また、頼まれれば、家族友達にもしょっちゅう送っています。それで楽になってくれたり、感謝されるのが私の喜びでした。これは今もこれからも変わりません。

 

さて、遠隔に確信を持つようになり、それを仕事にすべきでは、と健先生や他の治療師にも勧められ、数ヶ月前から遠隔治療を料金を頂いて始めることにしました。

最初の遠隔患者さんは東北のHさんで、カルテを書きながら、色々話をしながら始めました。

なにしろ送るのは会ったことのない人ですから、症状によっては時間がかかったり、痛みや問題を治していくので、戸惑うこともありましたが、信頼関係を作ることができたと思います。Hさんは問題を大分解決できて、いまはたまに送っています。

 

見えない気の力で治すこと。不思議と思われるでしょうが、本当のことであり、素晴らしい治療法だと思います。

さて、今夜も遠隔ヒーリングやります。

たんぽぽさんの遠隔ワールドへようこそ!(^o^)

 

 

 

 

 

 

八ヶ岳の旅へ!

高校時代の友人たち5人と八ヶ岳への1泊の旅に行ってきました。

 

富士山を眺められるホテルで、温泉に入ったり、ご馳走食べたり、カラオケしたり、屋上の小さな天文台で星を見たり・・

ワイワイと楽しい旅を満喫しました。

 

さて、次の日の早朝です。

朝湯に入ろうと、友人がスマホで起こしてくれたのですが、起き抜けの夢が、何ともヘンテコで、その話をお風呂ですると、大受け。

 

「娘が商店街で植物を買ってきた、というから見ると、手に‘小さなおじさん’を持ってるのよ」

「なになに?おじさんって言った?」

「うん。弱々しいおじさんで、バスタブみたいな植木鉢に入れて、上から土をかけてるの。

娘に、‘可哀想だから逃がしてあげたら?’と言うと、おじさんが小さな声でつぶやくの」

「なんて?」

「俺はこうされないと生きていけないんだ、仕方ないんだ、って」

「なんてシュールな夢!」

 

可哀想な小さなおじさんの話は、旅の中で繰り返され、夢判断なども検索する友だちもいたけれど、なにを暗示しているのか結局わかりませんでした。

ただ、旅を愉快にしてくれたことは確かです。

まあ、考えると気色のわるい夢でしたが。(^◇^;)

 

そこで撮った写真をこれからHPに使うことに決めました。

友だちに、もっと温かい感じの写真にした方がいいよ、と言われていたので。

いい写真撮ってくれてありがとう!

おほほ、おはようございます。

朝9時に予約を入れたSさんです。

86歳、初めての方。

前の日、

「もしもし、わたくし(私の事はわたくし、と言われます)Sの家内で、生前主人がそちらでマッサージを受け、お世話になりました」

「Sさん・・」

記憶にありません。まあ、私の事ですから忘れているのでしょう、後でカルテで確認します。

「そうですか、ご主人はいつ亡くなられたのですか?」

「2年前でごさいます。ご報告が遅れまして」

「はあ、それで、どうされました?」

「実は、息子の事でご相談したいと思いまして・・」

「ごめんなさい。今治療中で、あとでかけなおしますね」

「そうでしたか。夜こちらからかけさせて頂きます。」

 

そして夜、電話があって、50代の息子さんが薬物依存で困っている事など、ご相談がありました。

「息子さんとこちらに来られる事はできますか?」

「それが、引きこもっておりまして、私だけ伺ってお話しできるでしょうか?」

困ったなあ、カウンセラーではないしなあ、でもこの方を治療しながらだったら相談できるかなあ、と思って、翌日朝一の予約をした訳です。

 

こちらには、行き方をよくよく説明して、最寄り駅からタクシーで来て頂くことにしました。

ところが・・

「どうも大分先まで来ちゃったみたいで、降りてもよくわからないんです」

え〜!

「そこからなら、来た方向に引き返してください。」

と、道順を説明するのですが、

「回りがうるさくて、電話の声が聞こえないの。もう一度おっしゃって。はあ?」

やりとりの後、

「もう疲れちゃったわ。ちょうどここに座るところがあるから、ここで待ってます」

え〜え〜!(汗)時間ないのに!

 

大急ぎで自転車でそこまで行くと、イラストみたいに、ちょこんと座った可愛いおばあさんが、ニコニコ笑ってお辞儀されました。

「おほほ、おはようございます!」

 

「私どこもわるくなくて、お薬も飲んでないんです」

「まあ、86歳では珍しいですね」

「健康だけが取り柄。おほほ」

息子さんのことをあれこれ話しながら治療しました。首を施術すると、ぐっすり眠られていて、終わると、

「マッサージって、初めて受けたけど、気持ちがいいものですね。主人も通うはずです」

「それが、カルテをさがしましたが、どうやらご主人を治療してないようなんですよ」

「まあ、じゃあ、どうして主人のメモにあったのかしら」

「不思議ですね」

「でも、主人から聞いていて、娘さんがいるでしょ?小学校に通っている・・」

はあ?

「いえいえ、娘はいるけど・・会社員です」

「奥様も治療されているんですね、今日はご主人は?」

「実は今日、主人の祥月命日でして、亡くなって丸22年になります。ご主人は男の治療師さんにマッサージされていたのですね」

「そうです。まあ、まあ、なんてことかしら」

このあたりで、ご自分の勘違いにようやく気づかれたようです。

 

「でも、縁なんですよ。主人の命日に来られたことなんか、何かいいことが起こる兆しかもしれません。息子さんの事はご心配でしょうが、これからはもっとご自分のことを大切にしてくださいね。お身体、とてもお疲れでしたよ」

「そうね、身体も心も軽くなった気持ちがします。また寄せてください」

そうおっしゃって帰って行かれました。やれやれ、でした。^_^;

 

どうでもいいことなんだけど・・σ(^_^;)

八月の台風のある日、交差点で出会った人が話しかけてきて、その人が男性か女性か分からなかったという、ホントにどうでもいいブログを書いたのですが、とうとう分かりました。

 

同じ交差点近くで会いました。

女性でした。

険しい表情は、こんなステキな女性でも一変させるものですね。でも、きっと喫煙者でしょうね。あの声はいけません。

でも、なんかスッキリしました。

ステキなイタリア航海旅の話

私の旅ではなく、治療室に来られるKさんの話です。

 

先々週、イタリアの旅から帰ってきたばかりのKさん、話したくてたまらない、こちらも聞きたいと、治療中ずっと旅行の話に花が咲きました。(^。^)

 

Kさんが、ツアーで行ったイタリアの旅は、船で巡る5泊の船旅でした。

豪華客船とはいえないけれど、そこそこの大きさで、レストランやプール、劇場、カジノなどもあり、イタリア各地を港からまわったそうです。

ほとんどが外人で、やはりイタリア人が多く、日本人は100人ほど。うち、Kさんのツアーは20人くらいで、ちょっと変わった趣向があったのです。

 

それは、5日のうち、2日は海を航行しているのですが、その間、日本文化を紹介して、楽しんでもらおう、というプランが盛り込まれていたのです。

折紙の折り方を教えたり、ケン玉、習字、そしてKさんは着付けができるので、浴衣を着付けてあげるプランに参加しました。

大盛況だったそうです。

 

20枚用意された浴衣と帯を、順々に外人さんに着付けていきますが、外人さんは大はしゃぎ、1人10分と決めても、なかなか脱がなくて困ったそうです。(^^)

船室の友だちに見せたいと言って、出て行ってしまう人や、着物を売ってほしい、と、ねばる人も。

体格がいいですから、中には横綱級の人もいて、帯が結わけなかった人もいたそう。(^○^)

もう、想像するだけで、楽しい!

 

習字も大人気で、墨につけた筆で、外人さんの名前を漢字にして書いてあげるそうです。

例えば、メアリさんだったら、「目亜利」と書いてプレゼントするわけです。

 

そんな交流会をしながらイタリアを船で巡るツアー!

そんな旅、私も行ってみたい、と聞いていてワクワクしちゃいました。(^。^)

 

12345...10...