横浜市 港北区 鶴見区 在宅 訪問マッサージ・リハビリ・びわ温灸はたんぽぽマッサージ治療室

045-546-2284

たんぽぽ日和

94歳Yさんの体験記

訪問治療している患者のYさんは、94歳.お茶の先生だったステキな方です。

 

最近お話していて、ちょっとびっくりした体験を語られたので、イラストにしてみました。

 

話のきっかけは、閉所恐怖についてで、

「私はエレベーターに今も乗れないの」

とおっしゃるので、理由を聞くと、

「実はね・・」と、戦争中の話をされました。

Yさんは戦争中、もちろん娘さんで、勤労奉仕をされていたそうですが、お休みはあって、友だちと大阪のデパートに絵の展覧会を見に行ったそうです。(まだ展覧会なんかしてたんですね)見終わって、エレベーターに乗って下へ降りていたら、突然エレベーターを吊っていたロープが切れたのか、すごい勢いで下降したそうです。エレベーターガールが乗っていて、焦ってボタンを押すのですが、エレベーターは底まで落下。

「ええ〜!大事故じゃないですか!」

「でもね、底には、何かクッションみたいなものがあって、何回か弾みをつけて止まったの」

「それで?怪我は?」

「ちょっとぶつけたけど、無事だったの」

「大騒ぎでしたでしょう?」

「いいえ、それが、エレベーターガールも、乗ってた人の無事を確認すると、何事もなかったかのように、ありがとうございました、気をつけてお帰り下さい、とだけ。(笑)」

「ウソ〜!デパートの人が謝りに来なかったんですか?」

「何しろ戦争中のことだったからね」

「怖かったでしょう?」

「そりゃあ、落下している恐怖は今も忘れません。だから、エレベーターには乗れないの」

怖い!たしかに怖い体験だったでしょうね。

でも、エレベーターの底にクッションがあったなんて!

 

やはり戦時中、駅で電車を降りるときに転倒して、その上を沢山の人が通り、腕を骨折した体験をもつTさんも、Yさんと同じ94歳の方。

銃後の女性たちも様々な怖い体験をしたのですね。

 

こういう貴重な話を伺えるのも、訪問マッサージ師の楽しみだし、醍醐味だなあ、としみじみ思うこの頃です。(^^)

 

 

 

 

高齢のがんの患者さんが来られました

寒い日が続きます。今朝は雪がちらついていました。(^^)

 

日頃、びわ温灸やヒーリングでがんの患者さんの治療のお手伝いをしていますが、ケイシー療法など他の療法も勉強を始め、がん治療の可能性を信じるようになったたんぽぽさんです。

 

87歳のがんの患者さんのYさんが、娘さんと見えました。

このくらい高齢の方のがん患者さんは初めてかもしれません。娘さんがHPをみて予約を

入れられたのです。

 

Yさんは、それまでほとんど大病も手術もされることなく、日本舞踊などの趣味を楽しんでこられたお元気な方です。薬も血圧の薬くらい。

飲み込みに違和感を覚え診察を受けると、ポリープがあるとのことで、大きな病院の検査で食道がんと診断されました。

医師は手術をすすすめましたが、Yさんは拒否、ほかの道を娘さんと探して、びわ温灸からたんぽぽさんのところに来られた、という訳です。

 

びわの葉の薬効をお話してから、びわこんに療法をマッサージ と合わせて体験していただき、ヒーリングも行いました。

これからびわこんにゃく療法をご自宅で毎日されるそうです。^o^

 

さて、87歳のYさんは、じつに淡々として、ご自身におこったがんを受けとめていました。

色々ながんの患者さんをみてきましたが、若ければ若いほどこうはいきません。

医師も、Yさんが民間療法で治したい、というと強く手術や抗がん剤をすすめず、経過をみましょう、と言われたそうです。

なにしろ87年も生きてこられたのです。

この実績は大きい。Yさんの余生を、リスクの高い医療で過ごすか(医療費もばかになりません)、民間療法をしながら自分の好きに生きるか、医師は患者さんの選択を尊重してくれたのです。

 

ところが、若い患者さんになると、

「あなた、そんなわけのわからない民間療法をするなんて、死ぬ気です か!」

と言った医師もいたそうです。

「後で泣きついてきたって知りませんよ」

そんな脅しを受けて、それこそさめざめと泣く患者さんもいました。そして、仕方なく手術や抗がん剤を選択する患者さんの多いこと!

 

Yさんみたいに、まるですがすがしくも晴れやかな笑顔で、娘さんと帰られる後ろ姿を見ながら、もっと患者さんの選択肢を尊重してほしい、民間療法を選ぶ患者さんを見切るようなやり方はとってほしくない、とせつせつと願うたんぽぽさんなのでした。

 

 

 

立春を過ぎました!

立春と聞くだけで、ああ春が近い!と胸踊るたんぽぽさんですが、まだまだ寒さは続きますね。(^-^)

 

さて、土曜日に「アナスタシアの読書会」に参加してきました。

聡哲先生の司会で、参加者は全員で8名。

そのメンバーたちの多彩なこと!皆さん、アナスタシアの世界と自分をリンクさせながら、熱く語ってくれました。

 

自然保護団体代表なども勤めるSさんは、八ヶ岳に住む鍼灸師。アナスタシアのドレスを自然素材で作った人の事など、興味しんしんの話題を提供してくれました。

男性は聡哲先生と2人だけで、その1人のSさんは自然農法家。塾を開いたり自給自足の生活を目指し、埼玉県から見えました。

Kさんは、花の仕事をされているそうで、手作りのログハウスに住んで、子育てされています。

アメリカ人のMさんは、2人の可愛いお嬢さんと参加。長野に住んでいますが、これから世界中を旅したい、と言っています。

Wさんは、歯科衛生士ですが、ヒーラーの仕事もされていて、木や花の声がわかる方。

 

ロシアの大地図を見ながら、著者のウラジーミルメグレ氏が住んでいた所、この川を北上して、アナスタシアと出会った所、彼女の住むタイガはこの辺り、と説明があり、なんとロシアは広く、極寒の地かと、身近に作品の舞台を知りました。そして、この話は実話であり、20年以上今も書き続けられている真実の事なのだ、と確信しました。

 

アナスタシアは、シベリアのタイガに住み、今も世界を救うべく発信し続けています。

彼女の生き方や方向性に共感した人々が、日本でもいくつか理想郷を作っているそうです。

 

寒い夜の読書会でしたが、ステキな友だちをゲットし、心に温かい灯をともされて帰宅しました。(о´∀`о)

1月の本たち

1月に読み終わった本、正確に言うと、12月からのもあったり、今も読んでいる本もあります。^_^

 

1月は結構ヒマだったので(ヒマはイヤだけど(・・;))沢山本読みました。

見てみると、マニアック。好きな文学系は少ないな。右上の「ジービスの事件簿」は軽い読み物として面白かった(天皇の愛読書とあったので買ったけど)、でもシリーズを読むほどではない。イギリスのお金持ちの賢い執事の話です。

お登紀さんの本は、彼女の自叙伝であり、生き方がしっかりと書かれていて読み応えがありました。ますます好きになりました。^_^

 

芹沢光治良「人間の生命」は再読です。老境の作者の淡々とした日々を書いたものなのに、そこに木々の声や神の声、また亡くなった友人の話を聞いて、それを日常にして暮らすステキなお話です。

 

佐藤愛子「冥界からの電話」は、愛子女史が人生の後半に起こってしまった異次元との不思議な体験を通して、知り合った地方の医師の身に実際に起こった話を本にしたものです。本当のことなのだ、と思うか、なんだ作り事じゃないか、と思うかは読者次第。私はこの後日談を知りたい!

 

左上に並ぶ「アナスタシア」シリーズは、昨年の12月から読んでいるもので、私のハマっている本です。日本はもちろん、全世界で読まれているロシアの実際にあって、今もあり続けている話。アナスタシアという美しい、なんだろう、神の子のような、ひとりシベリアの大自然に暮らし、不思議な力を持つ女性が、俗人の見本のようなウラジーミルという著者と交流することで、どうしたら今の崩壊しつつある世界を、理想の世界にできるかを提案し、実際にロシアでその通りに実現されている、という大規模な世界構築計画・・

初めはファンタジーと思いながら読んでいて、すごいな、こうだったらいいな、と絵空事のように感じていましたが、今は日本でも実現できるのかな、自分はどうなんだろう、とぐいぐい惹きつけられて読んでいます。

 

今夜、「アナスタシアを読む会」に出席します。20年以上前から書かれているこの作品についてどんな話が展開するのか、初心者マークをつけたたんぽぽさん、今からワクワクです。^_^

 

インフルエンザの猛威

新しい患者さんのTさんは83歳女性。

うつ病で、腰痛、ひとりでいることのができないことが一番の症状でしょうか。認知症のご主人と二人暮らしです。

 

先週、話をしていて、偶然私の学生時代の友人が、ご主人の年の離れた妹だということが判明。50年以上前にこの家に遊びに来思い出して、大盛り上がりだったのですが・・

 

月曜日に訪問すると、家の空気が何かどんよりしています。ご主人の姿が見えなくて、初めて会う若い女性が座っていました。

「今朝方、主人が救急車で病院に運ばれたの」

と、顔色のわるいTさん。

「昨日からなんか調子が良くなくて、朝起きてみたら、まったく歩けないの。近くにいる息子に来てもらって、病院に行ったんだけど・・」

女の子は、お孫さんとのことで、

「私ひとりになれないから、来てもらってるの」

 

マッサージを始めても、

「主人が入院になったらどうしよう。」

と、気持ちが落ち着きません。

 

しばらくして息子さんからの電話で、ご主人はインフルエンザだったとのこと。

39度の熱があるけれど、これから帰る、ということでした。

「帰ってきて安心したけど、これからどうやって看病したらいいのかしら」

うつ病のTさんの心配は増すばかりです。とりあえずケアマネに電話して、来てもらうことにしました。

Tさん、なんとか乗り切ってね。(^。^)

 

インフルエンザ、先々週はAさんが院内感染で入院が長引き、Hさんの同居の息子さんも感染、友だちもひとり、とまわりを騒がせていますね。

 

ここ5年、どうにか風邪から遠のいて過ごしているたんぽぽさんですが、油断は禁物です。

我が身を整えての治療、心して体調管理をしていきましょう。(^^)

 

 

12345...1020...