横浜市 港北区 鶴見区 在宅 訪問マッサージ・リハビリ・びわ温灸はたんぽぽマッサージ治療室

045-546-2284

たんぽぽ日和

如月だより

写真は、お馴染みのお蕎麦屋「風の陣」と、満開の河津桜。

駆け足で過ぎていく二月です。

二月は何があったかなあ、と思い巡らすと、強い雨と風の日に自転車を走らせたり、寒い日と暖かい日が交互に来て、暖かい日に一斉に花が咲き出したこと。

梅、桜、水仙、レンギョウ、沈丁花・・

 

毎日は、メモを取らないノートのように、白いまま過ぎていってしまいます。

これではいけない、流されないようにしないと、と心にブレーキをかけたり、メンテナンスを試みたり、せめて治療をする前に自分を浄化して、患者さんに良い気を送ったり、良くない気を受けないようにしよう、とあれこれ実践するようにしています。

 

あとは、本。今月は読んだなあ。

「三鬼」(宮部みゆき)「原節子の真実」石井妙子「キネマの神様」(原田マハ)「神戸・続神戸」(西東三鬼)「ぼくがいま、死について思うこと」(椎名誠)

今読んでいるのが「細雪とその時代」(川本三郎)。脈絡がないけど、本は今の私の心の拠り所です。友だちとラインで、どんな本を読んでるか、図書館で借りた本なんかを紹介し合うことも始めました。

 

こんな夢を見ました。

そこは小さな町で、公園も音楽ホールもショッピングセンターも何だってあるところ。懐かしい友達もいて、お茶して楽しんだ後、さあ帰ろう、とするのだけれど、出口がない。

塀の外を覗くと、外は畑や森が見えるけれど、塀のまわりにはトゲのある木がどこまでも囲っているのです。そこを抜けようとしてみたけれど、服が破れそうになるので諦めました。

「外に出る」という人を見つけて一緒に建物の裏に行くと、その男のひとは上着を脱いで排水口の狭いマンホールの中に入っていきます。暗い穴にかろうじて体を入れて、「じゃあ」と言って姿を消しましたが、私はそんな中に入っていきたくない。途方に暮れていると目が覚めました。(^-^;

 

何だったのでしょう?

私の今の心情なのか。外に出て行きたいけれど、出られない気持ちがあるのか。私はどこへ行きたかったのか。

 

そんなこんなで私の二月は過ぎて行きます。

梅が満開です!

節分をすぎると、大分暖かくなってきました。

写真は、新吉田町の満開の紅梅。

少し春に近づいたみたいで、気持ちがほっこりします。^o^

 

日曜日には、川崎のSさん宅に訪問施術に行きました。

伺うたびに元気になっていくSさん。

秋頃まで、歩くのがしんどそうだったのに、行動がキビキビしています。話し方もしっかりして、声が明るい。

呼吸が楽で、少しも息切れしていないそうです。聞くと、1日おきにマコモ風呂に入っているのだとか。わーい!

身体の4か所にある肉腫は、本当に小さくなっていました。

「暖かくなったら、妹と先生の治療室に行こうと思ってます」

コロナ禍で、久しぶりに嬉しい報告が聞けて、この仕事をやってて良かった、としみじみ思いながら帰りのバスに乗りました。

 

患者さんは、皆さんお元気です。まあ、デイに行くくらいで、余り外出もしていないし、たまに集まる女子会(90歳以上のお集まり)がなくなったことは寂しいけれど、若い人ほど生活環境に変化がないのでお変わりはありませんね。

よくテレビを見ているので、色々なトピックスや情報を教えて頂いています。^o^

 

緊急事態宣言が3月まで延期されました。

昨年の今頃は、まだまだノンキに構えていたなあ。横浜に停泊していたダイヤモンドプリンセス号のニュースを、まるで遠くの出来事のように見ていたけれど、コロナがあっという間に日本国中に広がるなんて、誰が予想できたでしよう。

本当に日本はどうなってしまうのか、オリンピックは開催されるのか、今はコロナが終息する日を祈るしかないのでしょうね。

 

 

 

 

 

籠る日々に思うこと

我が家の隣は、ファミレス「ガスト」です。

日曜日の夜、食欲があまりないので、娘とふたり、簡単な食事をとるか、ということになり出かけました。

ところが、到着時7時半。

スタッフさん「すみません。オーダーは7時半までで、8時に閉店になりました」💦

とのこと。そうでした。緊急事態宣言で、外食産業は8時に店じまいになったのでした。

 

急ぎあるもので夕食を作りましたが、周りに食べ物屋が沢山ある我が家、利用する人も不便になったけれど、お店も大変なことになってるなあ。そういえば、夜にゴミ出しをすると、周囲は本当に暗くなりました。

 

10年前の震災後の夜も、本当に暗かった。

あの日々のように、コンビニの棚から食料品が消えるようなことはないけれど、人と人の距離は遠くなったように思います。

さらに遠距離の息子たちや友だちに会えなくなって1年、これからもずっと続くでしょう。

オンラインというのにもなかなか馴染めません。(^^;)

 

でも、こんな日々の救いは、ひとつ目読書。

図書館を利用し出して、増えるばかりの蔵書にブレーキをかけて、読みたい本を読める楽しみができました。新しい本を注文すると、時間はかかる(半年待ちだそう)けど、いつか読める。本は所有するより、共有した方がいいと思うようになりました。まあ、どうしても読みたい本は買いますが。(o^^o)

 

ふたつ目は、YouTube。登録は50本以上あるかな?居ながらにして、興味のある世界に誘ってくれたり、様々な情報を教えてくれます。

テレビと違って、いつでも自分の都合のいい時間に楽しめます。

 

3つ目が、映画。レンタルもするけど、今やパソコンからテレビ画面で、見放題。1週間で5本は観ます。新しいものや懐かしい邦画、古典みたいな洋画。残念なことに仕事が減ってますから、時間は沢山あるのです。(^^;

 

もちろん仕事も頑張ってます。

患者さんたちが元気なことが、私の使命です。

おしゃべりが何よりお互いの楽しみ。

そして、自転車で走り回ることで、四季の移ろいもわかります。昨日は薄桃色の梅が咲いているのを発見!春は着実にやってきています。ゆっくりとだけど。(o^^o)

 

春遠からじ❗️

たんぽぽは咲く日を待っています!^o^

 

写真は、知人のFacebookから頂きました。

長野に雪が積もった日。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あけましておめでとうございます🎍

今年もよろしくお願いします!

 

東京・・非常事態宣言出るようです。💦

なかなか収束しませんね、コロナ。

友だちは、リストラされそうで不安なお正月を過ごしています。

ホームレスの映像が出ると、心が塞ぎます。この寒い冬を過ごせるのだろうか、などと思ってしまいます。

 

ぬくぬくと暖かい部屋でおせちをつつきながら、これからどうなっていくのだろうか、日本は?世界は?などど考えていると、狭く小さくなっている自分に気づいて、はっと我に帰る私。これではダメでしょ!!(;o;)

 

どうにかなる

なんとかなる

いままで なんとかなったんだから

これからだって だいじょうぶ

 

と書いた紙を壁に貼って、自分に言い聞かせていた日もあったっけ。

 

いまは冬眠

春は必ず来る

 

とも書いていたな。^o^

同じじゃん。あの日と。 

ポジティブに行かなければ。

 

忘れちゃったけど、前向きになる替え歌を作って、いつも口ずさんでいた頃を思い出して、頑張ろう!🎵

 

そんなことを思う年頭のたんぽぽさんなのでした。^o^

 

写真は、日の出のようですが、夕方に撮りました。ごめんなさい。右に富士山が見える大好きな鶴見川の風景です。

 

 

 

 

 

 

 

コロナなんかに負けるものか!^o^

師走も残すところあと12日!

年賀状もまだこれからだし、帰省しない九州の孫たちにお年玉やら本を送らなければいけないし、いくつか用事は残っているけれど、昨年に比べたらのんびりした日々を過ごしていますね。(o^^o)

 

思いもよらないコロナ禍という出来事で、今年は予定していた旅行や集まり、イベントなどがすべて中止になり、外に出向いたり、呼び集めたりする楽しみを奪われた一年でした。

インドア派を自称するたんぽぽさんですが、人と会ったり、自然に親しむため旅をすること、ミュージカルや音楽を聞くライブが無くなることがこんなに淋しいものだとは思いませんでした。

 

それでも、毎日自転車を漕いで患者さんのお宅を訪問して、施術しながらおしゃべりしたり、来てくださる患者さんと情報交換したり、世の中と繋がれる仕事を持っている事に感謝しています。

 

たとえコロナであっても、インフルエンザと同じ、手洗いマスクなど気をつけて、免疫力を上げておきさえすれば、仕事を続けることはできます。なんだ、いつもと同じ。(^^)

私の仕事は、この免疫を高める方法を伝えることなんですから。

ビワの温灸、マッサージ、マコモ、ケイシー療法etc。私自身も日々実践し、元気であることを実証すること。

この仕事こそ、どんな時代が来たって大丈夫だ、と胸を張って言えるぞ、と強く思うたんぽぽさんです。

 

息子がラインで、

「やばいけど嬉しい夢見た。死んでた親父が蘇って、お前は誰だ、って言うから、貴方の息子だというと、びっくりしてた。抱きついて、色々話した。リアルだった」

息子は40歳になり、26年前に亡くなった夫の年に近づきました。亡くなった時高校生だった彼は、イラストレーターの夫に影響を受けて絵を描き続けていますが、九州でサラリーマンと漫画家の二足の草鞋を履いて頑張っています。

いいなあ、色々話しただろうなあ。

私といえば、この間、

「どうして夫に会えないのかな、そうか、コロナだからか!」

という変な納得をする夢を見たばかり。もう26年も経っているというのに!σ(^_^;)

写真の夫はまだまだ若く、私は、と言えば、道ですれ違ってもわからないほどに年とりました。すれ違わないけどね。^o^

 

さて、今夜は弟と娘と、ささやかなクリスマスパーティを開きます。🎄