横浜市 港北区 鶴見区 在宅 訪問マッサージ・リハビリ・びわ温灸はたんぽぽマッサージ治療室

045-546-2284

たんぽぽ日和

朝日を感じたい!


ニコニコと素敵な笑顔のこの方は、寺山心一翁。83歳。日本ホリスティック医学会の理事など肩書きは色々お持ちですが、この方が48歳、働き盛りの時、末期の腎臓がんを患って、そこから健康体になられたすごい経験をお持ちとは誰も想像できないことと思います。

 

それまでは、まさにワーカホリックの企業戦士で、趣味にチェロを弾かれるくらいの仕事一途の人生だったそうですが、無理が祟って腎臓がんに。その頃はまだ告知もしない時代でしたので、医師も家族も悪性がんとは告げずに、抗がん治療を受けたそうです。

 

辛い抗がん剤治療で、身体はすっかり衰え、歩くこともままならなくなったのですが、ある日、なんとかエレベーターに乗って屋上に上がると、朝日が昇るところでした。

何日も通い、朝日を浴びているうちに、ある朝何か身体に光が入ってくる感じを受けます。その時、「病気は治るかもしれない」と思ったそうです。

 

翁は(寺山心一翁師を翁と呼ばせていただきます)、内緒で屋上に通っていましたが、看護師に発見され、自殺希望者と思われて、運良く病院を追い出されます。^_^;

それから、翁の本当の闘病が始まるのですが、翁はがんと闘うのではなく、自分の作ってしまったがんに「ごめんね、こんなにしてしまって」と謝り、愛することを心がけるようになります。痛いところに手を当て愛を送ると、痛みが消えていったそうです。

 

翁は、良い水を摂ること、断食、腸の洗浄、日の出に「ありがとう」と感謝すること、呼吸法、マクロビオティックの食事、神社に通うこと、チェロを弾くことなどを快癒に応じて行い、歩けるようになってから「穂高養生園」で半断食の療法を月一で受けるようになりました。そこで知り合ったイギリス人に、スコットランドのフィンドホーンに誘われます。

 

フィンドホーンは聖地のようなところで、そこで養生したり、講演をしたり、チェロの演奏をしたりして帰国、病院で検査すると、翁のがんはきれいに消えていたのです!

 

翁はこの素晴らしい体験を語るうちに、自らの病を治したというだけでなく、からだから心、精神、魂、神、宇宙と、意識には段階があるという「意識の超越理論」を考え、発表します。

 

第一回の講義を、先週受けました。まだよくわかりませんが、次回の講義までの宿題が出ました。

その一つが、日の出を見ること、です。

 

ずっと早起きして、日の出を探すのですが、マンションの一番上の4階に上がっても、家の周りを歩きまわっても、日の出を見ることのできる場所が見つかりません。^_^;

 

水道管の収めている塔に登っているおばさん、塀に乗り出していらおばさんが誰にも見つかりませんように!(o^^o)

 

朝日の光を感じたい‼︎

 

 

看板落ちました・・

台風で、表の看板が落ちてしまいました。

コンクリートに打ちつけたのですが、10年も経つから脆くなっていたのでしょう。

 

それにしても。ボロい!

描き直しなさい、という神の啓示に違いありません。

これは、10年前、近くのホームセンターで、楕円に木を切ってもらい、私がアクリル絵具で描いたものです。いかにも手作り感いっぱい。

でも、初めはもっと良かったなあ。

 

風雨に晒され、劣化していく看板を、塗り直したり、修復していくうちに、こんなになってしまった。^_^;

 

そんなわけで、一から作り直します。来月、友達に打ちつけてもらう段取りです。

乞うご期待!(o^^o)

 

9月のおわりは台風

台風が近づいてきています。

でも明日は日曜日。仕事がないので、気持ち的に穏やかです。(o^^o)

 

さて、入院していたAさんが退院してきたり、調子が悪くてキャンセル続きだったIさんがようやく治療を再開したり、何とか患者さんの足並みが揃ってきて嬉しいこの頃です。

そして雨降りが続いて、温泉が恋しいこの頃。

 

治療室に来てくださるKさんの話です。

Kさんは私と同じ年。ヘルパーの仕事をしています。

今はご主人と二人暮しですが、毎晩、必ず出かけて行くところがあるそうです。

そこは近所の銭湯。

10時頃、4人の銭湯仲間が集まります。

「いつのまにか仲間ができちゃって、もう楽しくって楽しくって。1時間以上話して、お開き。

また明日ね、って帰るのよ」

 

この話を聞くと、私まで心がほっこりします。いいなあ、いいなあ。私も手ぬぐい持って参加したいなあ。(o^^o)

 

今住んでいる所にも温泉があるのですが、私の母の故郷は長野の別所温泉という所で、町には石湯という町民だけの温泉がありました。

そこに行くと、私は「えいこちゃん(母)の娘」となって、仲間入りができました。

夏休みだけの町民でしたが、まだ明るい夕方の、笑い声や湯桶の響きの聞こえる楽しいひと時を覚えています。

 

もう二度とあの仲間入りは出来ないけど、Kさんの話を聞くと、ふと懐かしい石湯の光景を思い出しましたね。♨️

モネ展に行って来ました!

ぬぬ昨日、高校時代の友達と横浜美術館のモネ展に行って来ました。

 

さすが日本人の好きなモネだけあって、美術館は大盛況。来週で終了になるモネの展覧会を満喫しました。

でも、モネの作品は思いの外少なく、ほかの画家の作品でかさ増ししている感はありましたね。^_^;

 

ともあれ、友人たちとその後、ホテルのバイキングで大いに食べ、大いに語って秋の午後を堪能しました。

 

朝一番で一件だけ伺った94歳のYさんに、これからモネ展に行くことを話したら、

「いいわねえ、歳をとると、女学校の友達も一人もいなくなるし、そもそもお友達がめっきりいなくなるの。そういうお友達、大切になさってね」

たしかにそうだなあ。

ランチでこの話をすると、それまで親の介護の話をしていた友達もしみじみ、

「いつまでも健康でいたいね」

 

帰りがけ、私がテレビのプレバトにハマっている話をすると、

「私、妹と俳句を送りあいっこしてるの。みんなもやってみない?」

と提案があって、やろうやろう、ということに。早速夜ラインが来まして、

 

古き友   横浜の街   秋暑し

ふと見れば  やっぱりそうだ  古希手前

良い子らの  健やかに集う  秋一日

過ぎ去れば  暑さは何処へ  桔梗濃く

良き友と  訪ふ モネの庭  桔梗咲く

 

まあ始めてひねるので・・^_^;

 

 

Sさんとの日々

今日は雨の日曜日。☂️

一日のんびり過ごす予定です。(o^^o)

 

さて、写真は、弟の出版社で出したばかりの本です。

実は、私の持ち込みで、著者は同人誌のお仲間の妹さん。神戸るみ子さんは画家で、絵の先生をしていました。

昭和30年代の、故郷宮崎で過ごした子ども時代を可愛い絵とエッセイで綴った絵本です。

弟は、この本を、認知症などのお年寄りのための回想法に使えるように、と出版しました。

私も校正の手伝いをしましたが、作者がイキイキとこの本の中で体験して駆け回る姿に共感して、何回も笑ったものです。

書店で見つけたら、是非手にとって見てくださいね。買ってくださったら嬉しいです。

 

さて、今朝新聞の俳壇歌壇を見ていて、ふと以前患者だったSさんのことを思い出しました。

「うたをよむ」欄に、「棺一基」とあったからです。この本は句集で、作者は大道寺将司。1970年代の連続企業爆破事件で確定死刑囚になり、40年間を獄中で過ごし、病死した人物です。彼の犯した罪についてはともかく、彼の残した俳句は素晴らしく、その句の全ては獄中で作られたものです。

Hさんは、大の競馬のギャンブラーで、家族も失うほどのめり込み、馬券場で脳梗塞で倒れた人でした。^_^;

本当に我儘でめんどくさい、やりにくい人物で、ヘルパーさんたちには嫌われていましたが、実は彼は森羅万象が好きで、映画、読書と、私と話が合い、随分頼まれて本を買ってあげたものです。

ある日メールが来て、「棺一基」という句集を買って欲しい、というので、書店で取り寄せて持って行きました。私は初めて大道寺将司という人を知り、その句を詠みました。

 

一身に木の芽の声を聞きをりぬ

残る日に縋り鳴きたる油蝉

棺一基四顧茫々と霞けり

 

「すごいよな、全部牢獄の中で詠んだんだ。世界があるよな。俺と同じなのにな」

6畳一間で寝起きして、身体がままならない身を嘆く日々を送っているSさんが、しみじみ言いました。

 

「Sさん、元気なら何をしていた?」

と聞いたら、即答、

「もちろん競馬場行ってるさ」

「・・・」

...1020...2627282930...40...