横浜市 港北区 鶴見区 在宅 訪問マッサージ・リハビリ・びわ温灸はたんぽぽマッサージ治療室

045-546-2284

たんぽぽ日和

夏休み終わりました🌻

 

先週の土曜日の砂浴に始まり、健先生の誕生会、仙台から山梨、諏訪、京都までの南下ドライブ旅行、途中仕事も入れましたが、最後江ノ島の友だちの開いているお家レストランでランチをする事で、私の夏休みが終わりました。

 

実に充実した1週間。

写真は、江ノ島のおうちレストランのサラダ。オーガニックで、ほぼ植物由来の食材で作られた夢の料理ばかりです。ひとつひとつに説明があり、どれも本当に美味しい野菜、そして手の込んだドレッシング。もちろん、メインディッシュもスープもデザートも最高!

幸せな時間でした。

 

さて、たんぽぽ治療室では、ヒーリング、びわ灸やケイシー療法の他に、新しい療法を取り入れることにしました。

マコモ、という水辺に生息するイネ科の植物に注目しています。これなら、デトックスが難しい方でも、家で発汗できます。

足浴の器械がもうじき到着するので、まず私がやってみて、患者さんに体験していただきます。

どんなことでも、新しい体験はワクワクしますね!楽しみです!!(^o^)

 

砂浴決行しました‼︎☀️

 

 

台風で延期していた砂浴、いよいよ決行です!

 

台風10号の影響で、葉山の海は荒れていて、途中遊泳禁止になりましたが、砂浜は砂浴に好適。レンタルパラソルの下、5人の砂浴愛好家たちは、せっせと砂を掘ります。

 

リーダーはうちに治療に来るKさんで、砂浴経験10数年、RさんとHさんは5〜6年、私ともう1人のKさんが初心者です。皆さん、持病があったり、民間療法をされている方ばかりで、砂浴がいかにデトックスとして最高か、大いに語られます。(^^)4人は、Kさんの近くの温泉銭湯仲間。毎晩顔を合わせる常連客なのです。

 

朝作ったおにぎりを食べ、穴に入ると、Kさんが上から砂をかけてくれます。とくにリンパの集まるところはたっぷりと。

陽気なKさん、

「さあ、砂かけババアだよ〜!」(^o^)違いない!10時半砂浴スタート!

 

荒れた太平洋はザブ〜ンザブ〜ンと大波を打ち寄せ、容赦ない太陽がギラギラ、周りで海水浴に興じる若者や子供の声、空には結構低空飛行するトンビ・・

やがて何も聞こえなくなり、遠い世界に行ってしまった私。

 

「波が来てるから、後退します!」

見ると、遠くにあった波打ち際がすぐ足元に。

慌てて砂から出て荷物を後退させます。砂が熱い!

パラソルを借りた先のおじさんがまたパラソルを立ててくれました。

そして砂浴再開。😴

 

午後2時終了。本当はもっと長いそうですが、今日は早めに引き上げることにしました。

シャワーを浴びるけど、砂まみれの身体はなかなか砂を落とせません。砂浴本来のルールでは、砂は払って洗わずに帰るのだそうです。2人はそのまま帰りました。私はゴメン!

海の家でのんびり休憩してからバス停に。

海水浴客でごった返したバスに立ったまま40分ほど 揺られ逗子まで行き、鶴見駅でお蕎麦を食べ、解散。

疲れた〜!でも、なんとも言えない爽快感!

また行こう!^o^

 

さあ、たんぽぽさんの夏休みが始まりました!

 

 

 

暑さの諏訪まで墓参り

 

 

日曜日、弟と諏訪まで墓参りに。

暑い😵

「よう来たよう来た」

と、祖父母や両親、祖先の方々が歓迎してくださり、ご挨拶した後、日蔭の道を選びつつ駅へ戻りランチしました。

 

それから、この写真の片倉館へ。諏訪へ行くと、いつも寄る昭和レトロな大衆浴場です。

「千人風呂」は、広くて深い、重要無形文化財に指定されている温泉施設なのです。

ここで一風呂浴びて、お土産を見たり、コーヒーをまったりと愉しんだ後、特急あずさで帰宅しました。

 

とにかく暑い💦

この不健脚な足で、なんとか13000歩歩きました。足に褒めてあげたい!

梅干し日和

 

たんぽぽ日和もそうですが、日和というと、穏やかで暖かな天候、という感じがしますね。

でも、梅干し日和は違います。

 

いよいよ夏本番となり、今朝のニュースでは、

「危険な暑さになります。熱中症に気をつけてください」と。

それが梅干し日和になります。😅

 

今年は長梅雨のせいでカビてしまい、仕上がりにちょっと不安もありますが、何とか美味しい梅干しになりますように!

 

砂浴の日程も決まりました。

砂浴日和にもなりますように!

 

にゃんこ捕物帳!

 

朝家事をしていたら、ドシンという落下音が・・

 

何か落ちたのかな、とベランダに行くと、なんと可愛い子猫が室外機の上にいて、キョトンとした顔でこっちを見てるではないですか!

「上から落ちちゃったの?」

「にゃあ」

うちは1階ですが、マンションの上を見上げても誰も顔をのぞかせていません。

きっと開いていた窓からベランダに出て下に落ちたのでしょう。

 

猫ちゃんは、ぱっと室外機から下りて庭に逃げて行きました。隣の家の庭に入っていった模様で、その先は扉が閉まっているけれど、猫なら難なく隙間から道路に出られます。

以前に、隣の家の猫が早朝車に跳ねられて死んでいた光景を思い出してゾッとしました。

 

管理会社に電話して、上の住人の方に連絡してもらうように頼み、私は子猫捕獲作戦を実行することに。

 

さて困った、猫の餌なんて見つからない。とりあえずスルメの足を手に、隣の家の庭に入ると、猫がいない!まさか道路に出ちゃった?

しゃがんで待つことしばし、呼びかけていると、いた!庭に置かれた水槽の後ろから顔を覗かせました。彼だって不安なのでしょう。

「おいで、おいで。スルメだよ〜」

まあ、キャットフードしか食べない子に、スルメは興味なかったのか、いくつもある水槽に隠れてはこっちを見る様子。(それにしても、お隣は4つの大きな水槽にメダカ飼ってるんだ〜

お留守みたいで、無断で入ってごめんなさい)

 

奥の水槽の裏に入った時、思いきって後ろから手を伸ばすと、暴れるかな?と思ったけど、案外赤ちゃんみたいに大人しく抱っこされました。わ〜ん、可愛い!🐈

 

家に入れると、びゅっとどこかへ。

管理会社に電話して、捕獲に成功した事を伝えるとホッとした様子で、

「今、飼い主がそちらへ向かっているそうです」 私もやれやれです。

 

でも、その時患者のSさん到着。猫がどこかにいる事を話すと、

「あら、猫ちゃん見たい!」

 

猫はあちこち探してみると、なんと仏壇の裏にいました。(写真)

治療中も大人しくしていて、眠ったり、途中治療の様子を見学していました。(^o^)

 

やがて上の住人の方が到着し、無事猫ちゃんは晴れて家に帰って行きました!万歳!

 

猫は、スコティッシュフィールドという耳が寝ている可愛いニャンコで、6カ月のオス。名前は「ボタン」だそうです。(^o^)

 

もう逃げ出さないでね〜!!

 

...10...1718192021...3040...